ARCHIVES
TAGS
Prototype History 1
DSC_0572_2.jpg
フォルクスワーゲンの意味は国民車となるのですが、ここ日本で国民車というメーカーがあったらどうなんだろうとふと考えてみたり、、、
今年、初めてお目にする事ができました。
最初に3台製作されたVWのプロトタイプを忠実に再現したV3を。
瞬時にビビッと来る存在感でした!

DSC_0575_2.jpg
時代は1930年、車とは一般労働者の年間平均年収を上回る時代。
この頃、一方でフェルディナンド・ポルシェ博士はポルシェ設計事務所をシュツットガルトに設立。
そして自身で考えたフロントサスペンションシステムの特許を取得。このシステムは試作車から最終モデルに至るまで空冷VWに備わっています。

1928_32_Mercedes_Benz_SSK_03.jpg 1928_32_Mercedes_Benz_SSK_04.jpg

1928-modell-ss.jpg
事務所設立前はダイムラー社にてメルセデスSSやSSK等を開発。また、メルセデスベンツが採用していた独特の吸気音が鳴り響くと呼ばれるスーパーチャージャーを設計したのもポルシェ博士です。
どんな音か一度聞いてみたいですね♪
この時代のドイツ交通網はかなり遅れていたために自動車保有台数も伴って少なかったとあります。当時のアメリカはドイツの約2倍にあたる人口でしたが、アメリカは革命的なT型Fordのおかげで約46倍もの自動車を保有。

1945Autobahn .jpg

Autobahn 3.jpg
1933年にヒトラーがドイツ政権を握りアウトバーンの建設を発表。
交通機関を発達させる事と失業率の改善を計った公共事業とされてる反面、ヒトラーは第二次世界大戦を視野に入れていたと。。。そしてこの計画は歴史に残るようなハイペースで進められます。
1942年には想定していたとされる第二次世界大戦が勃発し中止となりますが、当初予定していた道路の1/3が完成し世界初の高速道路が誕生。
因に日本の高速道路建設は30年後です。

1935 Berlin Auto show.jpg
同年にベルリンで開催されたモーターショーでヒトラーは国民社計画を発表。
富裕層を意識した自動車が生産され続け、富の象徴だった自動車に対してヒトラーは貧富の差を見極める道具でしかないとし、国家を支える多くの国民に向けての自動車こそが素敵な生活を約束する事になる文明の利器として一家に一台をスローガンに国民に自動車を普及する事を主張。
そしてヒトラーはポルシェ設計事務所に国民車の設計を依頼し、ポルシェ博士は1934年6月にドイツ自動車工業連盟(RDA)と正式に契約を交わしプロトタイプの製作を始めます。

続く
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Prototype History 2 | Wolfgang Denzel >>