ARCHIVES
TAGS
EARLY BUS
DSC_0529_2.jpg
前回はType14カルマンとType34カルマンが並べられていた場所はこの街で2番目の広場になるのかなといったところ。今年はそこに1955年の3月までに作られたType2が並べられていました。

DSC_0086.jpg
1955年の3月はEarly busにとって大きな変貌を遂げる月になるのでテストがあれば、間違いなく出ると思います。そうは言っても自分もこれを書くまではえ〜何月だっけ?ってレベルですので点数がとれないタイプです。
昔からそうでした。
とは言え、仕事で携わるとなると各モデルの各年式を勉強します。
それもすぐ忘れてしまうのですが、、、

Early Busの特徴的な2枚のフロントウィンドー上部を横から眺めた際に、帽子のツバのようにせり出していないのが1955年3月までの大きな特徴の1つです。それ以降では、そこがつばのようにせり出して、フレッシュエアーを取り入れる事が出来るベンチレーションなる物が備わります。

とは言ってみたものの、手前から4台目のバスはせり出していますね。。。
バーンドア時代のベンチレーションでアンビュランスファンと呼ばれる救急車用のベンチレーションになります。
とは言ってみたものの、救急車ですから、1955年3月までの名称でもある特徴的なリアハッチを指すバーンドアが備わっていません。。。
何かマニアックな名称があるのでしょうか??

DSC_0565.jpg
やはり救急車ですね♪
オプションで装着したとされる、バーンドアでベンチレーション付きのバスがあるとするなら、少数派で希少ですね♪

DSC_0572.jpg
RHDのバーン!
2年間の期間でしか生産される事がなかった貴重なモデル!

DSC_0577.jpg
ドイツの南、スイスにほど近い場所にあるグライダー学校で使われていたバス。ドアにそう書いてあるから♪
あまり乗られる事もなく眠っていたと思われるコンディション!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Philips | キャンプサイトにて >>