ARCHIVES
TAGS
下準備
IMG_0407.jpg
クーラーが備わるとコンプレッサーを支持するステーが備わるのですが、昔の一般的だったクーラーの場合、エンジンルームを覗いて左の奥の方から一本のステーが伸びてきます。
このステーを装着可能にするためにブラケットを装着してシリンダーカバーに穴を開けることになります。
作業中の一台はクーラーが必要ないとの事で外されたのですが、エンジンカバー類を取り外す機会がありましたのでその際に開けられた穴を埋める事に。
さらにこのタイミングでカバー類を塗りに出す事にもなりましたので、開けっ放しとはいかないですね♪

IMG_0427.jpg
合わせてクランクプーリーとジェネレータープーリーも持ち込む事にしたのですが、そうなるとクランクプーリーを固定するボルトもと思い同封することにしたのですが、その前にこのまま塗りに出して問題ないか確認。
恐らく過去にインパクトで締め込まれただろう痕跡が残ったみっともないボルトになってました。当初は綺麗に面取りされた部分も押し込まれ〜の叩かれ〜ので、変形し〜ののさらに角まで出来〜のな状態。

IMG_0435.jpg IMG_0438.jpg
そこで従来のように角をなくして改善。
ワッシャーが備わるほうはより重要で、このまま装着するとワッシャーを1周傷つけてしまいます。備わっていたワッシャーは既に傷だらけ。
どんな感じかという写真はないので、例えるならば手の皮が薄い方は触ると血が出ちゃう感じです。。。
そんな痛んだワッシャーは交換となるのですが、原因の1つであるボルトを改善しないままですと規定トルクで締めたとしてもまた駄目にしてしまいます。

IMG_0442.jpg
それ以外のカバー類も凹みや歪み等を修正して準備。
そして今回はパウダーコート屋さんに持ち込みました。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Prototype History 19 | Prototype History 18 >>