ARCHIVES
TAGS
Prototype History 10
1938vw.jpg

526063-1.jpg
昨日の続きです。
時同じくして国民車を生産する工場の建設が進められます。
国民車の大量生産を想定しヨーロッパ最大規模の工場の建設計画が進められる事になります。場所はドイツ北西部に位置し、ドイツで2番目に大きい洲ニーダザクセン洲に建設される事になりました。州都はHannoverです。

この計画は工場を始め道路、住宅街、公園、娯楽施設等とても壮大でした。
国民車計画はRDAからDAFに移行し、DAFの中の組織KDFの活動にならって娯楽施設等を含めた工業都市計画だったのではないかと思います。

また工場の建設にあたってFORD社のノウハウを学ぶため渡米もしています。
ヒトラーはFORDの創設者を尊敬していたとありますが、このFORDの創設者は反ユダヤ主義としては有名で反ユダヤ主義の本も出す程でした。
この本にヒトラーは感銘を受けたとあります。
資金援助や大量生産のノウハウを得た事に感謝して同年に外国人に与えられる最高の賞をFORD創設者はヒトラーから授与されます。

469px-Bundesarchiv_Bild_183-H06734,_Grundsteinlegung_für_Werk_des_KdF-Wagens.jpg

i020633.jpg

originalhitl.jpg
壮大な国民車生産工場計画が決定した後に起工式が行われます。
この時の演説でヒトラーは国民車の名前をを歓喜力行団の車=KDF Wagenと命名します。
DAFの中でも人気の高い組織の活動のひとつとしてリンクするものがあったからではないか?と思います。
起工式には最初に製作された3台のVW38が並べられました。

続く
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<3 KLASSISHES VW TREFFEN IN JAPAN | Prototype History 9 >>