ARCHIVES
TAGS
フロントトーションアームシール 1/2
IMG_1297.jpg
フロントトーションアームシールが画像のような状態になってしまってる場合は交換作業の必要性をオーナーさんに説明させて頂いています。

IMG_1295.jpg IMG_1296.jpg

IMG_1293.jpg
これではビームグリースアップもきっちり行えないうえ、この状態で乗り続けてしまう事で砂等の異物や水が侵入する事によって大掛かりな修理が必要となりますので、前兆が表れていないのならば、すぐさま対応すべきと提案しています。
このゴムの劣化具合から思ったのですが、油分によって犯されたゴムそのものですのでグリースによって劣化してしまったように思います。耐性の高いシール作ったら世界で売れそうですね!

IMG_1299.jpg IMG_1301.jpg
オーナーさんの了承を得れたので風呂のトーションアームシールの交換作業に取り掛かります。走行中に飛び散ったグリースやそこに付着した砂等を掃除してドライな状態にします。

IMG_1300.jpg
左側が備わっていたシールで右側が本来のサイズ。

IMG_1337.jpg IMG_1344.jpg
やはり若干トーションアームのベアリング支持部分がむしばまれてしまっていますが、きっちりグリースアップが出来ない状態にあった事が要因ではないでしょうか??

IMG_1341.jpg
実際にトーションアームにシールを装着してみると、トーションアームのベアリング支持部分との位置関係がよく分かるかと思います。シールがしっかりしてないと不安な感じになりませんか??

IMG_1321.jpg
そして無事に装着!
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Go out | Beginners >>