ARCHIVES
TAGS
E/Gが降りない!?
IMG_5412.jpg
今日は以前からご依頼されていたアーリーバスのベントウィング交換をご来店作業で午前中から始めおやつの時間位に無事に終える事が出来た。フューエルラインピンサーズを昨日追加購入したので、引き続きエンジンを降ろす作業を再開する事にした。
TYPE4エンジンは中々脱着の機会もないが、インジェクションでクーラー付きとなると明らかに大変なのが分かるので、念のためお客さんにもお願いして居てもらいました。
そうは言っても残りの作業はフューエルホースを2本外してナットを一個外せばすぐ降りる所まで進めていたのですぐに終わらせられると心の片隅では思っていたのですが、これが大間違いだった!

IMG_5405.jpg IMG_5406.jpg
エンジンがミッション側から抜けて来ません。(画像は抜けてきた後のもの)
エンジンが重いのは分かった上で何か違うんです。
ここから試合開始となりました。
とにかく頑張ってエンジンを引っ張って×10
何とか抜けたので通常のようにエンジンを降ろそうと確認しながら作業を進めていると見慣れない光景に出くわしました。(右側の画像)
・メンドラが長い?
・そんな訳ない。
・明らかにおかしい。
・メンドラが抜けてきてる。
・ミッション?
・メンドラ戻すにもエンジンを降ろす途中だからななめってる。
・一度エンジンをミッション側に戻してから、、、
・クラッチを外してしまおう(スパナを持って潜る)
・キャップボルトだ!
・しかもトルクスだ!
・しっかり緩められるスペースがない。
・いや、トルク入れ過ぎにも程がある。
・メンドラをクラッチディスクから外さない事には駄目かも。
・エンジンを戻そうにもメンドラが上手い事戻ってくれない、、、
・メンドラが駄目なんだからメンドラにバイスプライヤーを加えよう。
・そのプライヤーをバールでこじれば、、、

IMG_5407.jpg
後半戦はお客さんにエンジンを揺すってもらいながら作業を続け無事にメンドラがクラッチディスク(エンジン側に付いてます)から外れエンジンを降ろす事が出来ました。
こんな事、初めての事で中々ある話しではないと思いますが、一人だったら本当にどつぼにはまって泣いていた事と思います。お客さんに居て頂いてて本当に良かったと思いました。
お助けありがとうございました!

IMG_5419.jpg M0014562.jpg
なんとか試合終了。
(メンドラとはメインドライブシャフトの略)
右側の画像が別の車両ですが通常の状態
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<インジェクションのマフラー | pincers >>