ARCHIVES
TAGS
フロントハブキャップ
M0021872.jpg M0021874.jpg
フロントのハブキャップを外したところです。
水が侵入してる場合にみられる状態です。
無重力では油と水も混ざるようですが、地上ではそうはいきません。
でも、錆はグリースと混ざるのか酸化した箇所のグリースは錆び色をしている事が多いです。そのようなグリースがベアリングに回っている場合、ベアリングのレース部分が気になります。そういった場合のベアリングのレースには黒錆が発生してる事が少なくありません。その際、大抵は段が出来てしまっています。

シャリシャリしたような錆がはがれ落ちベアリングにまわってしまうと、ベアリング交換の必要性に迫られる事にも繋がります。だからうちでは必ずシリコンでコーキングを行っています。
昔は綺麗に出来なくて苦戦しましたが、手に唾液を付けてやってみると綺麗に出来ます!(お風呂屋さんから教えてもらいました)
綺麗にしっかりコーキングすれば目立ちませんしこのような状態に至る事もないと思うのですが、この手の状態も少なくはありません。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<Spring smell | 着地 >>