ARCHIVES
TAGS
オイル交換
6363a.jpg
何か違和感。
ドレインナットとプレートの間に入る銅ワッシャーがありませんね。
にしては滲みがないように思います。

54u4i7ku.jpg
ドレインプレート外すとトルクオーバーで裏側が歪みに歪んでいました。
オイルストレーナーもこれでもか!といった具合で、ドレインプレートに押しつぶされ吸い付くように張り付き、横に伸びきってしまっていましたので、壊すかたちでの取り外しになりますが、こじって取り外しました。
これまで、ドレインボルトのみでオイル交換?されていたのかなといった印象を受けます。個人的にはドレインボルトのみでのオイル交換は推奨していないので、こういったケースに遭遇すると、痛手を負ってしまっていないか?心配になって気持ちが凹みます。

io67eo;8p.jpg
取り外したオイルドレインプレートです。
自分はここに溜まったオイルを、ひとつのバロメーターにしていますが、今回はペンキのようなオイルでした!うちに比べて明らかに粘度が高いオイルのようです。粘度向上剤なる添加物によって作られたオイルのようですが、この手のオイルをうちでは基本的に推奨していません。
空冷ワーゲンの場合、せん断されてかえって悪循環に思います。
分かりにくいですが、ドレインも指でなぞるとグレーメタリックな感じでした。これまでのやり方を改善して、今後はその経過の様子を見ながら付き合う事を提案する事にします。

今、対応出来た事が今後を大きく左右したと思います。ピース


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<申告モード | LONDON >>