ARCHIVES
TAGS
IIIA 42802
02_research_VWBeetle_27_2.jpg
Prototype History 10にて紹介しましたが、1938年にヒトラーがKDF Wagenと命名する起工式に並べられた3台のVW38プロトタイプに装着されたライセンスがIIIA-42801〜IIIA-42803でした。画像が2台目にあたるVW38プロトタイプ。

DSC_0553_2.jpg
2台目にあたるライセンスIIIA-42802はラグトップでしたが、VW museum所有のVW38は3台のプロトタイプ以降に生産された44台のうちの3台目にあたるモデルになります。プロトタイプ以降の44台のVW38にはIIIA-43001〜IIIA-43044のライセンスが備わりましたので正確にはIIIA-43003が装着されていた一台にあたります。

それではそれを掘り下げて考えてみると、なぜに?そのライセンスプレートをVW Museumが掲げたのかが気になるところですが、これに関しての理由については発信されていないのかな?といった感じです。まぁ、外国語が分からないので分からないのですが・・・

DSC_0559_2_2.jpg
3台のVW38プロトタイプのうち1台目にあたるセダンのライセンスを掲げたほうが、ボディータイプも一致するし、後のType1ビートルの原型とされるVW38プロトタイプの最初の一台を演出出来ると思うのですが、何故か?2台目?のラグトップのライセンスです。

IIIA-42803.png
もしも一点、外見で判断基準にあたるとするならばフロントフードハンドルが鍍金だからと思ったのですが、、、
(プロトタイプの2台目のラグトップのみ塗りのハンドルではなくて光輝くポリッシュのハンドルが備わっています。ラグトップはセダンと異なり華やかにプロトタイプの時点で作られているようです。コンバチもそうあるべきだと思うのですが、、、画像を見ると黒いです。)
VW MuseumのVW38セダンにこのハンドルは?となってきますので違いますね。鍍金とポリッシュでも違うし形状も異なるから違いますね。

DSC_0559_2.jpg
そもそもルームミラーに目をやるとそれはVW38ではなくてVW39だったりします。。。あれ、でもバンパーのオーバーライダーはちゃんとVW38。
やはり、なんとなく掲げてしまっただけっぽいですね♪
いやっ、そんな事ないと思うんだけどな〜。。。


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
<<オイル量 | WEBER 40 IDF CARB >>